現金生活ならばクレジットカードは年会費無料のものを選ぼう



更新日:2014/11/21

クレジットカードが普及しているとはいえ、普段のお買い物は現金主義という人もまだまだたくさんいます。一枚は持っておこうという考えでクレジットカードを持っている人にとっては、あまりお得を考えるよりも損をしないかどうかということでどのカードにするかを選んだ方がいいものです。クレジットカードには年会費があります。ステータスの高いものになると、年会費だけでも1万円超えというものもあります。しかし、普通の暮らしをしていて、大きな買い物をするときや海外旅行をするときくらいしか使わないというのであれば、あえてステータスにこだわる必要はないものです。ある意味ステータスをお金で買っているという状態になりかねないからです。それならば、年会費無料の物を選んでおいた方が損しないで済むのです。

年会費無料のカードは今たくさんあります。ただここで注意が必要なのは、いつまで無料なのかということです。物によっては最初の1年だけ、学生の期間だけというものもあります。それで、気が付いたら年会費が発生し始めてしまったけど面倒だからそのままでいいやという人もいますが、それでは相手の思惑にはまってしまいます。自分に損がないかということをきちんと考えるのです。クレジットカード年会費無料であれば、普段使わなければただのカードであって、なにもお金が発生しません。得でもなければ損でもないものになります。持っているだけで受けられる特典があるのならば、それだけで得が出来るので、あえてポイントなどを考えなくてもいいのです。



クレジットカードと消費者金融のキャッシングの比較


私が使っているクレジットカードには、キャッシング機能がついていないの。つけることも可能なのだけれど、あえて付けていないんだよね。なぜなら私の場合は、キャッシングは消費者金融を利用した方が、利息の負担が少ないからなの。とはいえ金利自体を比較すると、どちらも18%だから、変わらないのね。でも消費者金融の方だと、無利息期間がつくんだよね。私が利用している消費者金融では、7日以内に返済すれば、利息は請求されないの。つまり負担は0円ってわけ。そして私のクレジットカードには、この無利息期間がないんだ。だから現金を借りる場合は、消費者金融の方がお得なんだよね。でも普段の買い物では、あまり現金って使わないからね。だってレジでお財布からわざわざお札や小銭を数えながら出すよりも、カード読み取り機で一瞬で清算を終わらせた方が、圧倒的に早いもの。お釣りに数え間違いがないかどうか、いちいち確認する手間もかからないしね。手間隙の面では比較にならないほど、クレジットカードの方が便利なんだよね。だから現金じゃなきゃ支払いができない場合にしか、現金の出番ってないの。そういう意味でも、私はあえてキャッシング機能をつける必要性を、あまり感じないんだ。こういうわけで私は、習い事のお月謝とか現金払いが必要な時は無利息期間が使える消費者金融を、そして普段の買い物では清算が楽にできるクレジットカードを、それぞれ賢く使い分けるようにしているの。

ポイント高還元クレジットカードの比較